スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ジャガー/XJ75 プラティニウム コンセプト

ジャガー/XJ75 プラティニウム コンセプト

「クラシックデザインを捨てたジャガー」
フェラーリもカリフォルニア&458から劇的な変化があり、デザインはもちろん
性能や機能性、快適性が重視され大きく変わった。それはジャガーも同じでは
ないかと思う。ジャガーほど大胆に生まれ変わったメーカーは珍しい・・・。

<Jaguar XJ75 Platinum Concept >
ja40.jpg
ジャガーは英国調のクラシック的な要素を捨て、XJでは大きくデザインを変えた。
昔のジャガーの面影を一切残さず、時代に合わせたジャガーをデザイン。最近、ボディーカラーを白、
ルーフやピラーをブラックにペイント。ホイールやボディの一部に黒を取り入れるオプションなどが
フェラーリにも用意されている。ホワイト&ブラックのエクステリアは官能的でもある。そのような
エクステリアに合うインテリアカラーは派手ではないシンプルな色だという。
ja30.jpg

ジャガー75周年記念を祝ってペブルビーチのコンクールで公開された「XJ75」。
ja31.jpg

新しい「XJ」は本当に美しさを感じる。それはスーパーカー以上の美を持っている。
今回の「XJ75 Platinum concept」はあまりに綺麗すぎる。
ja44.jpg

ja43.jpg

ja29_20100824204646.jpg

この美しさなら走行性能など、どうでも良いと思ってしまう。
ja41.jpg

ja42.jpg

ja33.jpg

ja39.jpg

このジャガーのバッヂだけは何とかして欲しい・・・。
ja37.jpg

ジャガーのイアン・カラム氏にミッドシップのスーパーカーをデザインしてもらいたい。
ja38.jpg

伝統のクラシックデザインを捨て、クラシックからモダンラグジュアリーへ。昔からのジャガーが
好きな方々は「今のはもうジャーがーではない」と・・・。フェラーリも同じようなことを聞くが
今も昔も良きフェラーリではないだろうか。
xj1.jpg




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

自分は新しいXJ好きです。
そして一般的に伝統を逸脱したデザインといわれますが、現代的な表現を使いながら相当伝統やクラシックを盛り込んでいると思います。(自分のブログでも書きましたが)
もともとデザインの世界に足を突っ込んできた目でそう感じます。

458イタリアに関しても未来的に見せることに成功していながら(今までのフェラーリと違うと感じる人がいる)365GT4/BB以降のフェラーリより以前のフェラーリたちに回帰している、たとえばp3/4や206S、512S、もっと以前だと166MMや250TRなんかとも通じるクラシックが見え隠れしてます。

知らず知らずにXJや458に惹かれるのもデザインした人々が伝統を大事にしている証拠だと思いますね。
XJ、美しいというところはメルセデスやレクサスを圧倒してます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

porcoさん

私も個人的にXJのデザインは好きです。どうやってこのようなデザインが生み出されるのか、不思議に感じますね。エレガントでジャガーらしいデザインだと思います。
フェラーリもそうですが未来的で10年先を行っているようなデザインが時としてやり過ぎたデザインと評価され、受け入れられないのではないかと思います(ただ430も458もENZOのデザインを取り入れすぎですが・・・)。様々なデザインの世界、スポーツの世界でも「あの頃は・・・」と聞くことが多いのですが、見方による部分や感受性の問題なのかなと思います。その時代でしか出来なかったデザインやルールがあるので、それも仕方がないものだと。
同感です、XJの美しさは他メーカーを圧倒していますね。ジャガーだからこそOKが出たデザインだと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。