スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

Ferrari 456(M) GT/GTA & 456 Speciale Spider

Ferrari 456(M) GT/GTA & 456 Speciale Spider

FR/2+2のオートマチックを備えたフェラーリ。456の初期型はとにかく故障が
多かったようで色々と問題がありました。しかし、この頃からフェラーリは随分
品質や走りの面で変わったような気がします。個人的に456のスタイリングは
好きです。

<写真は456GTS>
456GTS2a.jpg
Thanks Blue J

456GTは1992年9月、スパフランコルシャン・サーキットでデビュー。この時の会場は、フェラーリを販売する最も古いディーラー、ベルギーの『ガレージ・フランコルシャン』の創立40周年記念イベントの会場「FF40」が発表の場となった。FR/2+2の12気筒フェラーリ。完全に新設計(あのデイトナに積まれていたV12エンジン以来の新設計)。2ドアベルリネッタ、シャシー&ボディ構造は銅管スペースフレーム+アルミボディ(一部スチール)。98年にはジュネーブショーで改良されたM(Modification)がデビューする。5.5リッター、65度V型12気筒、パワーは442馬力、最高速は300km以上、フィオラノテストコースではあの512TRより速いタイムをマーク。ホイールベースが2600mmと短い為か、運動性能は良かった。デザインはもちろん、ピニンファリーナ社で365GTB/デイトナの一部をデザインに取り入れたとも言われています。後の後継モデルはご存知、612スカリエッティ。
<通常モデルの2+2クーペモデル>
456saa.jpg

当時、442馬力ものパワーを伝え、耐えられるトランスミッション(駆動系部品)の開発に苦しめられ、通常のFRとは異なるミッションをデフと一体化させ、リヤに搭載するトランスアクスルを採用した。サスペンションはスタビライザー付で前後ダブルウイッシュボーン、アンチダイブシステムを備えたセルフレベリング機能付き。また、ボンネットはカーボン製で当時ではとても珍しい材質やシステムを採用していた。ストラダーレ・フェラーリの中では当時頂点に立つ豪華クーペでだった。価格は(当時)、MTが2550万円、ATが2690万円。

<リヤシート用のエアコン吹き出し口がドアに付いているのが特徴的>
456do1.jpg

<スペック>
型式: F456
エンジン形式: F116
全長/全幅/全高: 4730/1920/1300(mm)
ホイールベース: 2.600mm
車両重量: 1,860/1,970kg
最高速度: 302km
加速性能: 5.2秒(0-100km/h) 
燃料消費: 2.93km

<エンジン>
総排気量:5474cc
シリンダ:65度V12エンジン・縦置
ボア・ストローク: 88×75mm
最高出力: 442ps/6200rpm
最大トルク: 540Nm/4500rpm

456はお金が掛からないなら、所有してみたいですね。このラグジュアリーGT、456をマニュアルで乗っていた方も多いようで、このようなフェラーリは今は貴重ではないでしょうか?日本ではかなり安く取引きされています。中古ではおよそ500万円台~売られているようです。もちろん、程度が良ければもっと高い訳ですが・・・。初期型を購入してしまうと「200、300万円のリペア代は当たり前」という恐ろしい話を聞いたことがあります・・・。「乗っている、乗った、知り合いが乗っていた」という方はいらっしゃいますか?!

この456は4シーター&オートマチック車(今のF1マチックとは異なる、通常のトルコンAT)の選択が可能だったことでも有名ですが、通常のクローズドボディ以外にも有名なブルネイ王や中東の石油王、その他の特別顧客からの要求で4ドアワゴンやスパイダー仕様があります。ワゴンのような456はかなり違和感があり、フェラーリがOKを出したとは・・・。意外にもスパイダーは新鮮な感じがします。
456Venice2.jpg

スペシャルモデルで「Ferrari 456GTA Speciale Venice」、「Ferrari 456 GTA 4-Door Estate Venice by Pininfarina」とも言われていますが、正式な名称が分かりません。生産台数は5台くらいだそうです。
456Venice1a.jpg

こちらはスパイダー。生産は6台程あったようですが・・・。
製作したのはピニンファリーナとか?!
<Ferrari 456 Speciale Spider>
456sp1a.jpg

456sp2.jpg

正式名は456GTS?美しいスタイリングですね。
456GTS1a.jpg




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

久しぶりにコメントさせていただきます笑
456私も個人的に大好きです。
はじめてみたときはまだフェラーリのことや車のことをあまり知らないときでしたので、F=355って感じでしたので衝撃でした。 なんだあの上品な車はっておもったら跳ね馬のエンブレムがついていたので。
 また近所に当時からいまだに456を持っておられる方が3人ほどおられます。 色は全て別で、ブルーツールド、グリジオイングリッド、 そして色名わかりませんが深いグリーンです。456は紺のイメージが強かったんですが、特にグリジオイングリッドの456にスーツを着た白髪紳士の方が乗っているのを見たときには、 本当に上品であこがれた覚えがあります。
612より全然すきなんですけどね。

carmaniaさん

お久しぶりです!
carmaniaさんも456はお好きですか。素敵ですよね。同じように私も思ったことがあります。同じように「なんだあの上品のフェラーリは。フェラーリが2+2を作るとこうなるのかぁ~」と思ったことがありました。ご近所に3台も456が生息されているんですか!グリジオイングリッドは456や612にとても似合いますし、本当に(良い意味で)フェラーリらしくない素敵な色です。深いグリーンはVerde Scuroや Verde Mugelloなんでしょうか。V12 は日本では安いですから、コストが掛からなければ買いですね!コメント有難うございました!

Fでは燃費は禁句ですが...

こんばんわ。
456いいですよね。乗ってる人のセンスの良さを感じさせます。以前に知人の456のドライバーズシートに座ったことがありますが,ルーフまで総皮張りで,なかなかの豪華仕様でした。
細かいトラブルも多いようですが,一番困るのは常にオーバーヒート気味で日本の夏には乗れないことだそうです。それとリッター2キロ台の燃費ですね。極悪燃費で有名な355でも都内で3キロ台後半ですから,このご時世にはなかなか厳しいものがありますよね。.
「まあ,こんなもんでしょ」と宣っていたオーナー氏も早々に288に乗り換えちゃいました。
それでも個人的には好きですよ456。

とみにゃあさん

456はホントいいですねよ。見ることがなかなかできないのが残念ですが・・・。私事ではありますが、私のモデナもルーフやサイドシェルまで綺麗にレザー(オプション)が張られています。456は当時標準だったんでしょうか?!そうですか、やはりオーバーヒートになりますか。フェラーリに限らず、夏は首都高などでは輸入車がボンネットを開けて止まっていることが多いですね。355は都内で3キロ台後半ですか・・・。456から288とはまた素敵ですね。288、そんな素敵なモデルに乗ってみたいですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/22(土) 21:00:17 コメントさん

はじめまして。
456は今でも好きなデザインです。オーナーさんだから分かる良さや
不具合など色々だと思います。456とは長く付き合ってあげてください。
コメント有難うございました!

impression

はじめまして好きな車です一度オーナーになたいですね 憧れの車の1台です456は275 デイトナといったさわったり横にのったりしかしたことない車とちがい 当時のコーンズがプレス用に登録した車を少しドライブしました 広報の役目が一段落し整備しなおして買いそうな顧客のための試乗車としておろされた物でしたが 真夜中の2時頃第三京浜や一般道を運転しましたが 本当にあのボディーの大きさとは思えないアクセルだけでドリフトもコントロールできるバランスのよさ さらに250キロを超えてからは 当時のF1で後ろから車の下の空気をうまくぬく技術がしんぽしたからかわかりませんが 可変スポイラーのようなものが下についているからかわかりませんが 250迄は一般車の100キロぐらいでしょうか その先はやはり視野もせまくなりますし 250から300までいくにはかなりの助走距離が必要なようで横浜方面から東京のインタ手前までの微妙な下りを港北から250ぐらいで流してきても 料金所の手前の安全な減速距離を考慮したうえで 290近くメータがいきましたが 実測はどんなもんでしょうか たぶん大判ブルマイのイタリアンメーターですから ね 同乗のコーンズノかたとVフェラーリのオーナーは車をとめてもしばし沈黙でしたがお察しもうしあげます 人の運転でいくら夜中とはいえ 矢田部ならまだしも一般道でだすスピードじゃありませんもの 私も人の運転で250から上は けっこうなんかあったら死んじゃうなーとふと思うと怖くかんじますから
とまあ性能は申し分ありません250ですいすい車線変更もできるクルージング性能をかいま見せてくれました ヨーロッパの200キロで2時間とか走れる環境も少なくなりましたがその片鱗は十分です 後日〇場さんとお話したらブガティーは300でそれできるよといわれ え!としかいえませんでしたけど

marvel456さん

はじめまして。
是非、機会があればオーナーになってみてください。
サーキットを走るようになると一般道で何かあったら・・・と思うと怖くて飛ばしません。456でそれだけのスピードでも楽々飛ばせるんですね!V12はゆっくりと流す感じが一番似合っていますよね。V8とは違って優雅で余裕のある乗り方が一番似合います。FFが発表されましたが、それでも612のエレガントさは大好きです。また面白い話を聞かせてください。有難うございました!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。