Love Ferrari & Exotic cars (フェラーリの世界&高級車の最新情報):動画/「MP4-12C」と「458 ITALIA」を徹底比較(Fifth Gear)

C:
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

動画/「MP4-12C」と「458 ITALIA」を徹底比較(Fifth Gear)

動画/「MP4-12C」と「458 ITALIA」を徹底比較(Fifth Gear)

ここ数年でスーパーカーセグメントは大きく成長。
多くのモデルがデビューし、フェラーリもランボルギーニにも品質や性能も素晴らしいほど向上した。実際に購入して走らせてみたらスペックほどのパワーや速さが感じられないということはなくなった・・・。

マクラーレンはフェラーリやランボルギーニのようなスポーツカーメーカーになるべく、財務体質を強化し、モデルのラインナップを充実させる。驚くことに10種類以上のモデルを考えているという・・・。
458a254.jpg

マクラーレンがMP4-12Cを送り出し、スーパーカーメーカーの争いが過熱。
各国のメディアはあのマクラーレンF1の強烈な印象があるのか、MP4-12Cにかなり期待している。量産試作車の試乗会では多くのメディアが褒め、期待以上の出来栄えだった。しかし、直接ポルシェやフェラーリと比較するとどうなのか?堅実な走り、性能ではポルシェはやはり素晴らしいがビジネスとして年間10万台生産から20万台を目指すと言い始めた。フェラーリは新興国マーケットの為に「FF」を。マクラーレンもMP4-12Cをデビューさせ、10種類以上もラインナップを計画している。まず、マクラーレンはMP4-12Cにオープンモデルとスパルタンなモデルを派生させる。そして、エントリーモデルを誕生させて911の顧客を奪う戦略。このエントリーモデルも3種類の派生モデルが計画され、フラッグシップモデルも同じように3種類。そこに4ドアモデルか4シーターモデルを誕生させてモデルを増やせば12種類はモデルとしてラインナップできる。

さて、MP4-12Cの実力。個人的に最新のポルシェ911ターボや458をサーキットで走らせて思ったのはこれ以上速く楽しく興奮を与えてくれるメーカーはあるのか?ということ。特に458はサウンドも素晴らしく、性能は昔のフェラーリとは違う。クラシカルなフェラーリも魅力的だが、速さの面では本当のフェラーリは430スクーデリアあたりから一気に進化したのではないかと思う。海外でマクラーレンMP4-12Cプロトタイプに乗られた方の話では「出来の良い素晴らしい車に間違いはないが、サウンドはフェラーリの方が数段素晴らしい」と。



マクラーレンは意外にもジャジャ馬なのか・・・。
トラクッションコントロールをオフにしてドリフトをさせようとするとコントロールが難しい、電子制御ではトルクが絞られてブレーキステアの作動も正確ではないようだ。ただ、これはプロドライバーが限界付近でコントロールした評価であり、一般のドライバーが運転して同じようなことが起きるとは思えない。テスターの2人はどの部分においても458の方が優れているという評価をした。性能やスペックだけではない、強烈な興奮と楽しさとは何かフェラーリは知っている。「どちらが欲しい?と聞かれれば間違いなく458を選ぶ・・・」という評価が多い。

昔のフェラーリはカタログと同じような性能が出ておらず、ファンを馬鹿にしたようなモデルを世に送り出していたのかも知れない。これだけスーパースポーツセグメントがコンペティティブになれば性能や品質を向上させずにはいられないはず。458は本当に速くて楽しいクルマだということはどのレーシングドライバーに聞いても同じ。昔のフェラーリの方が官能的とはいうのはある意味本当のこと。今のフェラーリは衝突や安全性にも配慮しなければならず、いつまでも過激なフェラーリでいる訳にはいかない。
エコな車、EVが売れる一方でこのようなアツイ車が次から次へとデビューすることはファンとしては大歓迎。やはり刺激的で興奮する車は存続するべきだと思う。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。