ルノー・アルピーヌ「A110-50」コンセプト

ルノー・アルピーヌ「A110-50」コンセプト

アルピーヌA110の生誕50年を記念したコンセプトカー、ルノー・アルピーヌ「A110-50」が発表された。
zats692.jpg

.




名車「A110」
zats691.jpg

コンセプトで終わらせず、本気ならデビューさせて欲しい。
この記事の最後にスペックを記しておきます。
パワーだけではない、ルノーのらしさがあれば間違いなく楽しいはず。
zats693.jpg



<モナコでF1ドライバーのベッテルとプロストがローンチ!>


<先日のモナコGPでコースを疾走。>


<良いサウンドが響く>


シャシーは鋼管フレームでベースがメガーヌ・トロフィーだがルノーが本気で作り上げているだけに、所詮ベースはメガーヌということではない。
エンジンはV4Y型の3.5L・V6。これも日産VQ35DEだがエンジンも良い音が出ている。最高出力は400hp/7200rpm、最大トルクは422Nm/6200rpmにチューニング。縦置き6速ギヤボックスとの組み合わせも動画を見れば素晴らしいことが分かる。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/30(水) 00:56:02 コメントさん

同感です。A110は名車で本当に美しい車です。
あれを超えようというのは難しいと思います。それにこのコンセプトカーはちょっと復活というほど似ていませんね・・・。それでもアルピーヌというネーミングが復活して欲しいのは私も同じです(笑)。
E55はそれだけ走って目立った故障がないとはさすがにメルセデスですね。Cだとそこまでは耐久性がないと聞いたことがあります。ベントレーは十分、4,5年落ちでも良いと思います。古典的な良さが後から出てくる車ですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif