フェラーリ、新たなターボエンジンを開発。

フェラーリ、新たなターボエンジンを開発。

次期カリフォルニアにターボを搭載?!
fn418.jpg

.





最近、フィオラノテストトラックで頻繁にカリフォルニアの偽装車が見掛けられる。しかも、エンジン音がターボ特有の太いサウンドだという。
実は海外メディアでいち早く、マセラティの次期クワトロポルテにターボエンジン搭載の可能性を示唆している。しかも、ターボエンジンは2種類を用意。1つは5.2リッターV8+ターボ。2つ目は小排気量V6エンジン+ターボ。5.2リッターでは530馬力。小排気量のパワーは430馬力前後となる予定。これに新開発のZF社製8速トランスミッションを組み合わせる。フェラーリ・カリフォルニア(将来的には他のモデルとも)とエンジンを共有しエミッション対策をグループで達成するものとみられる。どこよりも早かったフォルクスワーゲングループの小排気量+ターボ+デュアルクラッチという戦略はフェラーリ、親会社のフィアットと傘下グループにも必要不可欠となる。
fn415.jpg

そして、カリフォルニア後継モデルが来年8月に発表されるという噂もある。
デザインはあの名車250GTOからインスパイアされたデザインが取り入れられ、リトラクタブルルーフは軽量と機能がさらに進化。エンジンパワーはKERS搭載モデルとなれば600馬力オーバーになるという。

<Ferrari 250GTO>
fn414.jpg

<ターボエンジン搭載の噂があるマセラティ・新型テスト車両>
fn417.jpg



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カリフォルニアのターボのテスト車は前から走ってましたよね。
ブローオフバルブの音がすごいですね。

2012/06/15(金) 00:06:58 コメントさん

いつも見て頂き、ありがとうございます。
もう環境についてはフェラーリでも無視できないのが現実ですね。
本当はエミッション的な部分はフェラーリ、マセラティ、ランボも
生産台数的にみると規制の枠には入らないのですが、メーカーとして
そういう訳にもいかないのでしょう。
フェラーリのKERSの技術はそんなに高いレベルではないと聞いています。
今後、ある程度の生産数が達成されれば今以上に生産台数(モデル)を増やすと思います。
最近のターボ車、VWを含めてかなりのレベルですからNAもフィーリングでも負けてしまいます。
フェラーリならターボでも刺激的な車を作ってくれることだと思います。
今後とも宜しくお願いします。

Namelessさん

そうですね、以前からターボ開発の車両は走っていましたね。
ターボでもそれなりのフェラーリらしいエンジンになるかと。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif