Love Ferrari & Exotic cars (フェラーリの世界&高級車の最新情報):アストン、エンジンサプライヤーとしてF1に復帰?!

C:
 

アストン、エンジンサプライヤーとしてF1に復帰?!

アストン、エンジンサプライヤーとしてF1に復帰?!

アストン、エンジンサプライヤーとしてF1復帰か?!そして、ホンダの不調によるマクラーレンの懸念。
kw178a.jpg







アストンマーティンが2016年にレッドブルのパートナーとしてF1復帰予定ではないか?とパドックで噂になっている。
kw179.jpg

メルセデスは現在アストンの5%の株を保有し、アストンは過去1959、60年にF1に参戦していた。
とはいっても、現実にはアストンがF1搭載用のエンジンを開発するのではなく、メルセデスが
エンジンサプライヤーとなり、アストンのブランディングが施される形になる。
この話、全く現実的ではないという噂もあるが、現在のアストンCEOであるアンディ・パーマー
とマーケティングディレクターのサイモン・スプロウルは日産在籍時代にレッドブルインフィニティを
構想、実現させている。アストン、レッドブルやメルセデスはこの噂を完全否定。
kw178.jpg

kw176.jpg




「マクラーレン、F1レースでの低迷が市販車販売に影響か?!」
マクラーレンはホンダのエンジンサプライヤーとしての仕事と現状に不満を持ち続け、信頼を
失いつつあるという。
最近まで、ロン・デニスはホンダが結果を出すには時間がかかることを理解していた。
しかし、現在のマクラーレンは市販車部門を持ち、自動車メーカーとしてF1で結果が出ない
ことはイメージダウンになると懸念している。

アストンの噂も現実的ではないかも知れないが、可能性はゼロとはいえないだろう。
kw180.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif