Love Ferrari & Exotic cars (フェラーリの世界&高級車の最新情報):英国チューナー「Kahn Design」、コーチビルダーを目指す。

C:
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

英国チューナー「Kahn Design」、コーチビルダーを目指す。

英国チューナー「Kahn Design」、コーチビルダーを目指す。

「Kahn Design」を知っている方はかなりのモディファイ好きかも知れない。
kw196a.jpg





イギリスに本拠地を置く「Kahn Design」。
ゴージャスな英国車をモディファイすることで有名だ。
kw195.jpg


年間に生産される台数が圧倒的に少ないフェラーリやアストン、ベントレー等に乗るような人であっても人と同じ車に乗るのを嫌がる人はいる。オリジナル(ノーマル)で乗る人もいるが、さらにモディファイさせ、エアロやホイールを交換する人もいる。
kw197.jpg



今回、Kahn Designのグループ会社でもある「Chelse Truck Company」はランドローバー ディフェンダーやジープなどを手掛けおり、非常に贅沢であり豪華なモデルを計画。
kw203.jpg

画像のディフェンダー(デモカー)の内装は全てナッパーレザーに、リアシートは独立したレーザーのバケットシートに交換。またリアゲートを開ければそこにはヨットのようなチークウッドが張られている。
エクステリアはワイド化されたボディ、ホイールはサイズアップされ、ヘッドライトやウインカーはLEDに交換。オーナーの好みによってカスタマイズすることができるプログラムを用意している。通常であればおよそ500万円ほどのコストが発生。男らしいクロカンを好む人は考えてみてはどうだろうか?
kw200.jpg

kw201.jpg

kw202.jpg

kw199.jpg

kw194.jpg


Kahn Designはコーチビルディングとしての計画もあるという。
「Vengeance」はアストンマーティン DB9がベース。
伝統的なコーチビルディングと同じ手法でアルミボディを叩き、手作業で作られる。アストンマーティンはメカニカルパーツなどをいじらなければ保証を継承することも認めるという。
ほぼワンオフのような一台。人とは違う一台も再考してみてはどうだろうか。
kw205.jpg

kw206.jpg



kw196.jpg

kw207.jpg

kw198.jpg

kw204.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。