メルセデス・F1セーフティーカーの性能

メルセデス・F1セーフティーカーの性能

F1セーフティーカーの性能は凄い?!

今シーズン、セーフティーカーおよびメディカルカーとして活躍するのは「SL63AMG」と「C63AMG
Estate」。この2台、早速、先週末の開幕戦のオーストラリアGPで活躍。F1マシンを先導するその
マシンのスペックはどうなっているのか。
sc1_20090331223552.jpg


SL63のドライバーは元DTMドライバーのB・メイランダー氏。2000年からセーフティーカーを担当してい
るベテランだ。F1マシンの先導はとてもシビア。ゆっくり走っては後ろを走るF1マシンはオーバーヒート
になりかねないし、タイヤも温まらない。だからといって、いくらAMGでもF1マシンと同じ走行は不可
能。常に限界ギリギリで走っているという。このSL63のパワーは525hp。ミッションは新しくなった
「AMG SPEEDSHIFT MCT 7速ギア」。サスペンションは特別仕様でどんなサーキットにでも合わせる
ことが可能。耐久性も向上させ、特別仕様のクーリングシステムを搭載。ホイールは超軽量の19イン
チ、ブレーキも特別仕様だ。
sc2_20090331223559.jpg
重量は通常のSLより-220kgの減量。折り畳み式のメタルルーフを廃止。替わりにカーボンや
強化プラスチックをボンネット、前後のバンパー、トランクに使用。センターコンソールにはモニ
ターが装着され、同時に無線を使いながら随時レース状況が把握できるようになっている。
sc3_20090331223606.jpg


メディカルカー「C63AMG Estate」
sc5.jpg
このC63は通常のC63と大差はないが、スポーツエキゾーストやクーリングシステム、ブレーキが強化
されている。ドライバーはA・Merwe氏で助手席にはG・Hartsteinドクターが緊急に備える。後席より後
ろはメディカルアシスタントの乗車や医療器具が載せられるよう工夫されている。
sc4_20090331223612.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

前々からセーフティーカーについて、F1と比べると遅く見えますが、常にいい走りをしているので、気になっていました!
今年もF1始まりましたね!楽しみです!!

Kiwamuさん

どうも、こんにちは。
そうですよね、テレビなどで見ているとSCはF1に比べると
凄く遅いんですが、それ一台の走りだけを見るとあれは
かなりハードに走っていますね。今年はレギュレーションが
大幅に変更されたので最終戦まではどこが勝つのか分か
らないので、波乱のシーズンになりそうです!

ロールゲージは?

こんにちは。
規定でセーフティーカーもロールゲージ必要だったかどうか忘れましたが・・・、
(市販車ベースのS耐はいまでも必要だったはずです。)
「サーキット走るのに弊社のクルマには無様なゲージは必要ありません。」ってことですね。
そのまま足回りを少し適合させれば基本大丈夫で、ノーズを軽くするとさらに気持ちよく走れます。
いやいや、これってかなり凄いことです。
これぐらい剛性あるクルマなら、確かに安全車ですね。

OLDspiderさん

そういえば、ロールゲージがSCには無いですね。F1だとそこまで
SCを規定で縛らないんでしょうね。横転などして重大事故を起こ
して初めて規定ができるんだと思いますが・・・。剛性もかなり
あるのでしょうか?!見えないところに色々と手は加えられて
いそうです。ブラックシリーズがSCにならないかとちょっと
期待していたりします(笑)。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif