スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

2009 フェラーリ・フェスティバル Vol.4

2009 フェラーリ・フェスティバル Vol.4

「Ferrari Festival Japan 2009」
Scuderia Ferrari F1、マシンやピットの普段見れない裏側を少しだけ・・・。

<F1 Clienti>
DSC_3572a.jpg
これでF1マシンを運ぶ。右下のスクーターはスポンサーステッカーも綺麗に貼られていたF1マシン仕様。
DSC_3107a.jpg

DSC_3550a.jpg

DSC_3516aa.jpg

左側に置いてあるのが、F1マシンのクランクシャフトを回すスターター。
DSC_3094a.jpg
これはF2003GA用。モデルごとにスターターは違うようです・・・。
DSC_3225a.jpg
タイヤもきちんとウォーマーで温めます。
DSC_3226a.jpg
ブレーキはご存知のブレンボ。熱入れが大変。キャリパーは小さいが厚みが凄い!
DSC_3183a.jpg

DSC_3520a.jpg
部品や道具がきちんと整理され、収納されています。F1の世界も整理整頓は当たり前。
インデックスはもちろんイタリア語。
DSC_3593a.jpg
データ・モニター。セッティングやコーナーでのアクセル開度から様々な情報が表示される。
DSC_3233a.jpg
わざとボカシています。このようにデータは表示されるのかと感心。
DSC_3235a.jpg
F1マシンのシート。RBとかMSと書かれています。あのバリチェロやシューマッハが座ったシートだとか。
DSC_3598a.jpg
F1マシンオーナーの方から少しだけF1についてお話を聞くことができました。「F1マシン、本来の性能
よりも運転しやすいように、もちろんデチューンしてもらっているよ。だから運転はしやすいね。でも、
これを2時間も運転するなんて、とてもじゃないけど無理だね・・・F1マシンは面白いよ!」。
この世界って少し上の世界とかというレベルではない訳です。マシンは数億円で走らせるのに数百万
円。フェラーリのストラダーレを所有するのとは世界が違う訳ですね。赤い跳ね馬、フェラーリ・F1マシ
ンを走らせることは最高の趣味なんでしょう。とても羨ましい。いつかはフェラーリF1を・・・。
DSC_3204a.jpg
エンジン内部やもっと細かい写真も撮ることができました。
DSC_3212a.jpg
F1マシンのアイドリングは、その時によって異なるがおよそ3000、4000rpmと高い。
DSC_3065a.jpg
DSC_3559a.jpg
カウルの裏側も普段は見る機会がない。ドライカーボンは持つと本当に軽い。そして、マフラーの
出口処理などは市販モデルにもフィードバックしているのが分かる。
DSC_3538a.jpg
「これぞ、非現実的な世界であり、ピットから離れたくないなぁ」と何度も思いました。
赤い世界は素晴らしい?!
DSC_3604a.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。