Love Ferrari & Exotic cars (フェラーリの世界&高級車の最新情報):自動車映画、「Rendezvous(ランデブー)」をご存じか?

C:
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

自動車映画、「Rendezvous(ランデブー)」をご存じか?

自動車映画、「Rendezvous(ランデブー)」をご存じか?

紹介する動画はフランスの巨匠「クロード・ルルーシュ」という有名な監督が1965年に撮影した短編映画 「Rendezvous(ランデブー)」。
早朝パリの街中をフェラーリでひたすら全開走行。この映画、既にYouTubeなどで見た人も多いはず。以前から「これは早送りだ」とか、「エンジン音は後から付け加えたもの、一部はCGで編集されている」と言われた映画。この撮影に使用された車は「フェラーリ・275GTB」、クロード・ルルーシュ監督が自ら所有する275GTBを使用。車両の前方にカメラを固定して撮影された。内容はハイスピードノンストップでパリの街中を走るのだが、映画後半からは今の映画や特撮にはないスリルある走りが特徴。車マニアには嬉しい音楽やナレーションの挿入もなくフェラーリのV12エンジン音、シフトダウン&アップの音がとにかくパリの街中で吠えまくる。この275GTBを運転したのはモーリス・トランティニアン。1955、58年のF1モナコGPをフェラーリで優勝したF1ドライバー(54年のル・マン覇者でもある)。

信号無視あり、人や車にぶつかりそうで社会では批判されてしまいそうな映画である。その証拠に監督の「クロード・ルルーシュ」は撮影後にパリ警察に逮捕されている。名作「男と女」を作った、フランスの巨匠「クロード・ルルーシュ」の短編映画「Rendezvous(ランデブー)」を是非、見て頂きたい。

*残念でならないが、使用された車両はメルセデス。音は編集でフェラーリのものを
被せているという。とても素晴らしい映像だけに残念でならない。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

いつも楽しい画像の提供ありがとうございます。
とても楽しく拝見させていただきました。
時にはヨーロッパ特有の路面であの走行、たいしたものですね。

もっくんさん

いえいえ、こちらこそいつも有難うございます。
石畳の路面はかなり滑りそうです。
フェラーリ、古くてもあのような音をパリの街中で
響かせ、シフトダウン・アップはとても良い音です。
フェラーリに乗ってパリを走ってみたいものですね(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009/09/20(日) 10:31:30 コメントさん

どうも、お久しぶりです。
この映像、CGだとかフェラーリであんな走りはできないとか
色々と言われたりしていましたが(笑)・・・・。
是非、撮影裏話を教えてください。

フランクフルトショーは良い盛り上がりだったと思います。魅力的なメーカーから
魅力的なモデルが多く発表、公開されましたからね。日本における車の見方と
ヨーロッパでの見方、哲学的なものはかなり異なるかと・・・。
500の件、流石にSFバッヂは勝手に付けることができず、装着している車両は
勝手に付けたのでしょうね。さすが情報を色々とお持ちでいつも驚いております。
有難うございます!

2009/09/20(日) 10:45:06コメントさん

わざわざ、追加の情報有難うございます!!

真相は違うそうです

はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
さて,今回ご紹介された短編映画ですが,少し前に海外のあるフォーラムでも話題になり,結論として車はベンツでドライバーも噂とは異なるということが資料付で示されました。残念ながら,プロバイダーのサーバートラブルから,そのスレッドは現在閲覧できませんが,その時の知識を基に検索したところ,次のような情報がありましたので,ご紹介する次第です。
これからも興味深い話題提供を期待しております。

http://worldtv.com/blog/my_favourite_video_clips/claude_lelouch_ferrari_in_paris_1.php

http://www.fr-dr.com/paris/archives/2006/09/11031923.php

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nobur32さん

どうも、はじめまして。
そうでしたか、噂では嘘だと言われ、何が本当なのか分からなかったのですが、
勝手にあの映像は本物であって欲しいと・・・残念ながら偽物なんですね。
映画評論家のサイトでも「パリをフェラーリで疾走」なんてあったのに騙されました。
真実を教えて下さって有難うございます。あとからエンジン音を被せたとしても
音だけはフェラーリであってほしいものです。
フランスの巨匠に上手く騙されてしまいました(笑)。
いつもサイトを見て頂き有難うございます。これからも宜しくお願いします。

2009/09/21(月) 12:43:13コメントさん

有難うございます。
他の方からも事実を教えられ、正直ショックでした(笑)。
Sクラスに大掛かりにカメラを取り付けた写真・・・。
275で疾走は本当であってほしいと思ったのですが・・・。
でも、嘘で騙されているよりも真実を知った方が良いですね。
純粋に作品を受け入れる心がお互いにあったということで(笑)。
“物語はミステリアスな方が美しい” どうせなら最後まで皆を
ミステリアスなままで騙してくれていた方が良かったですね!

2009/09/21(月) 13:27:05コメントさん

そうですね、あれはモンマルトルの丘のようですね。私も昔パリに長期滞在していた時に何度か
行きました。
日本人を見ると意味の分からない日本語で話しかけてくる・・・それはロンドン、ベルリン、ローマなど
でありますね。流石にその○○の名を連発はありませんが、似たような経験は沢山あります(笑)。
彼ら、本当にどこで覚えて誰が教えるのか?と思うほど卑猥な日本語を知っていますよね(笑)。
テスタロッサを発表したナイトクラブ「Lido」もあの辺だったんですね・・・本当に良くご存じですね!

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。