親子でフェラーリを楽しむ?!

親子でフェラーリを楽しむ?!

フェラーリを購入したら・・・誰とどこへ行きたい?!
「赤い跳ね馬、フェラーリで彼女や愛妻と休日ドライブを楽しむ」ことを思い浮かべる
人は多いだろう。しかし、可愛い我が子とフェラーリに乗って楽しむ時間も悪くない。
chi1.jpg
イタリア・フェラーリの公認クラブ(FCJ)のイベントやパーティーなどに参加するとメンバーの方々が
お子さんを連れて参加している。フェラーリ・フェスティバルにも真っ赤なレーシングスーツを着こな
した可愛らしい子供も参加する。この子達には生まれてフェラーリが我が家にある環境が当たり前
だったりする。これは車好きにとってとても羨ましい環境ではないだろうか。あなたが小さい時、
最初に乗った車のメーカーは?!車種は?!
個人的に自分が生まれ育ち、初めて乗った(座った)車は確かトヨタのクラウンだった・・・。フェラーリ
でなくてもBMWやメルセデスが自宅にあり、最初に乗る車、普段からの送り迎えがそれらのドイツ
車というのは凄いことのように思える・・・。確かに今と昔とでは日本における輸入車の(販売)環境
も違うし、輸入される台数も多く、時代が違う・・・。
zof81.jpg

まだまだ小さな我が子とフェラーリ新車発表やクラブのイベント、ミーティングなどに行くとFCJで知り
合った方々からは「この子も将来は跳ね馬に乗るんだろうねぇ~」なんて冗談を言われたりする。こ
の世界は特別過ぎる。あまりに贅沢な世界。苦労して色々な世界を見てからフェラーリを知り、乗る
方が良い。出来るだけフェラーリは若いうちには乗らないほうが良いと思う。自分自身が経験したか
ら分かる。焦る必要もなく、将来、自分の子供には車が好きなら最初は自分で稼いだお金で数十万
の国産車に乗ってもらいたい。何台も経験してからフェラーリに乗ってもらいたい。
まぁ、将来我が子がフェラーリを、いや、車を好きになるかは分からないが・・・。
zof75brand1.jpg

zof84.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

賛成です。

深夜,感動いたしました!
学生時代に48万円のポンコツでスタート。「一生乗れないよ」と周りから揶揄されても,「夢」を信じていたら,599まで何とかいきつけました。
最近の若者は車に興味がないとよくいわれますが,「夢」が持てるような車の愉しみ方(UnobelloさんのBLOGがまさにそれです),そして「夢」のために努力して生きていく愉しさを伝えたいものです・・
そして,女性のパワフルさを痛感させられる今日この頃。彼女たちのポテンシャルに期待したい気もします!

僕の想い

親子でフェラーリ、是非楽しみたいです。
チャイルドシートに縛り付けて、一緒に走りたい、
FCJのイベントはいつ親子で行けるんだろうかなあといろいろ妄想してますよ。
そして、いつか子供たちが「オヤジすげぇな」って思ってもらえる日を気長に待ちつつ(笑)。

懐かしいです。

こんにちは。いつも拝見させていただいている不届きな大学生の者です。
僕の父親は僕が生まれる前から、コアなヴィンテージ ジープ乗りでして、物心つく前から散々付き合わされて来ました。
ジープはフェラーリやランボに比べるといくらか安い乗り物でしたが、それでも親とドライブをする事は街で一番目立つ存在と化すことが当たり前でして、そんな環境で育ちました。
父親がすっかり自動車趣味を引退してしまった今にして思うと、あれは特別な経験だったのだと思い、あの経験が今の自分の価値観や人間性を大きく左右しているのだと思います。
今でも父親のジープに乗っていたことは人生最大の誇りの一つです。

先日、地方でのスーパーカーミーティングがあり一般客として拝ませていただいたんですが、、
F40やディアブロなんかの助手席に普通に座っているお子さんたちを見ると、幼い頃の自分とかさなるものを感じます。彼らにとっては生まれた時から家の車が特別なことが当たり前なのです。

それにしてもUnobello様がときより見せる自動車への思い入れや、ここの常連さん達のクルマへの価値観や見解が驚くほど自分と一致しているのでうれしいです。
これからも熱い思い入れをお聞かせください。

anarchyさん

ご賛同頂き、感謝致します(笑)。
有難うございます。良い話ですね・・・48万円のポンコツからスタート。「欲しい車はフェラーリ」と
友人らに言って、全員が「フェラーリなんて買える訳ないだろ」と。でも、「いつか俺は買ってやる」と
思っていました。Anarchyさんは信じていたら599まで・・・素晴らしいですね!最近はこの世界不況で
、車への興味や価値、それに買える人が少なくっているようにも思えます。時代は変わり、ネットや
ゲームがそれに替わる趣味になっているのではないでしょうか・・・。
フェラーリを持っても更なる上のフェラーリを目指したいですね。最終的にはフェラーリF1マシンを
走らせたいなぁ(笑)。

ぽち。さん

ハハハ・・・・チャイルドシートに縛り付けて(笑)。まぁ、車が好きになるのは4,5歳くらいからでしょうか?!「お馬しゃん」、「ブーブー」と言い始めれば・・・ミニカーにも興味を持ち始めるでしょうしね。
ウチはお腹にいる時にもフェラーリに乗せました(笑)。やっぱり女性が理解する車と男の考える車の
理解は違うでしょうしね。お酒飲みながらフェラーリ談義も・・・なんて想像しますねぇ。そう考えると大き
くなるのも楽しみです。女の子でもフェラーリに乗せて一緒に買い物を楽しむなんてことも・・・まぁ周囲
からは「フェラーリ乗って若いコを連れて・・・」なんて思われるでしょうけど(笑)。
いいなぁ。ぽち。さんがオヤジだったらなぁ(笑)。確実に子供に(良い意味で)色々な影響を与える父親
です。間違いなく○○くんは「ウチのオヤジはすげぇな」と思いますヨ!

怪傑ペンタさん

どうもはじめまして。コメント有難うございます。
コメントから、きちんとされている学生さんと見受けられますね(笑)。
ジープ、車こそフェラーリやランボとは違いますが、とても目立つ車であることは間違いありませんね。
それにお父さんの存在や影響は大きかったようですね。変な見栄を覚える必要はありませんが、色々
な世界があることを知った方が人間は成長できると思います。お父さんなりに何か特別な世界や趣味
を伝えたかったのではないでしょうか。お父さんがジープに乗っていたことを誇れることが羨ましく思え
ます。
このブログの記事に共感して頂いて嬉しいです。フェラーリなんてたかが車で自己満足でしかありま
せん(笑)。年齢やフェラーリの所有に関係なく同じ価値や考えを持っている方が自然にここに集ま
ってくるのだと思っています。こちらこそ、これからも宜しくです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif