Ferrari 458 ITALIA ②

Ferrari 458 ITALIA ②

「458 Italia」に搭載される新技術とオンボードによるサウンド(動画)をご紹介。
458a18.jpg
フェラーリはミッドシップV8モデルについては徹底した動力性能やスーパーカーらしいデザインを
取り込み、ファンを魅了させる。今までのように1台のモデルに強引に速さと快適性を同時に詰め
込むようなことをフェラーリは考えていない。デザインや速さ、サーキットで走ることを考えるならば
この「458 Italia」。毎日の通勤や数名でのドライブ、快適性を重視するなら「カリフォルニア」を。
エンジンは直噴、足回りもダブルウィッシュボーンにこだわらない。軽量でギアボックスや電子デバ
イスの進化は新しい世代へ。パワーではなく軽さやギアボックスの進化により速さを得た。
今後、上級モデル(次期V12)はさらに豪華なコンセプトとラインナップで登場することが予想され、
一方で8年以内にV型12気筒エンジンの搭載は環境やエコを考えると廃止になる可能性が強い。
458a9.jpg
ブレーキはもちろんカーボンセラミックだが、ABSの進化により強烈なブレーキとなった。
458a8.jpg
「E-Diff」と「F1-Trac」が同じECUで制御可能となり、430と比較するとコーナーの脱出で
(32%向上)早くアクセルを踏むことができる。
458a10.jpg

458a11.jpg

<「458 Italia」公式サイトの動画>



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんにちは。
外観については、細部に未完成と思えるところがありますね。実写ではもう少し洗練されるのでしょうか。
寸法がもっと大きくなるかと心配していましたが、あまり大きくなりませんでしたね。
しかし、「458」と聞いたら、「456」を思い出しました。
あのデザインは上品で大好きでした。良い物件があったらまた買いたいと思っています。

enz0さん

こんにちは!
まだまだ細部は粗い部分や鮮明ではない部分がありますね。
量産するまで時間があるので確実に洗練されることでしょう。
それなりに小さいサイズになるかと思いましたが、僅かながら
大きくなって登場しましたね。
456、ATの品質がもっと良かったら売れていたかも知れませんね。
私もあのシンプルなデザインは好きです。

9000

9000回転まで回るエンジン。

それもフェラーリのエンジンなので非常に楽しみです♪
直噴でどの位の官能性が出せるのか、そこも気になる所ですね~。

まっきーさん

開発時の噂では「次期V8のエンジンは1万回転まで回る」と
噂があったのですが、流石に無理だったようで・・・。
それでも9000回転まで回るエンジンはとても魅力的ですね。
サウンドはやはり太い音ですね。個人的には甲高い音が
好きですが・・・。

このECUは

unobelloさん、みなさんこんにちは。
何時もながらすばらしい記事に感謝です。

で、このブランニューカー、「458 Italia」。
電子武装によりとんでもなく速いクルマに仕上がっているようですね。
上記のモニタリングされたグラフを見ると、クリッピングポイントが
1.5秒手前にあるかのようなモノです。これはアクセル開度から見れます。
この時のステアリングの角度は実にニュートラル。しかも余り切っていない。
ゼロステアーで曲がっているかのようです。(initial"D"風?)

で、比較したいのはグリップ走行との比較です。
異差が出やすいコーナーでのことであるとは考えるのですが、
それでもずっと開け気味で走っていて、バーンとブレーキ、
またすぐにワイドオープンで走れています。
プロのドライバーが持てるすべてのテクニックを使ってのグリップ走行と
「458 Italia」のグリップ走行との差。これが全てです。速い。ものすごく・・・。
おぉ、スキール音が聞こえてくるようです。

この制御をひとつのECUで統合的に制御するというと、
コンピューターが走ってるかのような、"ナイト2000"的な
クルマに見えて来ないでもないのですが、
まあ、ドコより顧客を知っているF社がそんなことはしないはず。
実に素直に反応してくれるクルマであるように見えます。

ただ、アクセルをワイドオープンにしても、決してお尻を出さない。
ジャジャ馬をコントロール下に置く楽しみは少なくなるでしょうね。
クルマを操っているという満足感とちゃんと連動しているかどうか、
これは個人差があるでしょうね。

P.S.
1万回転、ECUを解析すれば全く問題なく回せるでしょう。
(ドアロックとかのセキュリティの回避がすごく大変なのですが・・・。)
ピストンスピードにはまだ余裕を持たせてある。
それは次のバージョンでってコトですよね。

OLDspiderさん

こんにちは。

いつもながらの深い洞察力、楽しく拝読させて頂きました。

スキール音とタイヤの溶ける臭いがするかのようなOLDspiderさんのコメントを読むと俄然(というか、すでに欲しいのですが)欲しくなりますね。

R35でさえ0-100kmが3.6秒とか言う世界。それでさえ、乗ったときは驚愕する加速感でしたが、MRでそれを超えてくる(カタログ値ですが・・・)性能、感嘆せずにはおれません。

新しい車が出る度にワクワクさせてくれるフェラーリに感謝♪

OLDspiderさん

こんにちは。
フェラーリも電子デバイスで武装するようになったということでしょうか。
あまり市販車には力を入れなかったはずが、ここ数年でかなり変わってきました。
実際にF1での技術をフィードバック、データは多く持っているでしょうし・・・。
本気でデータや技術を活かせば、物凄い車はフェラーリでも作れると・・・。
あくまでも4WDではなく2WDのミッドシップにこだわる。ガヤルドの560馬力を
意識し、570馬力にしたというのもあるんでしょう。最近のフェラーリはモデル
チェンジ毎に物凄いパワーをアップさせてきますね。
4WDでなくても電子制御で十分コントロールできることをF1で培ったトラコンの
技術で証明。ターボにして4WDにすれば速いマシンは作れるが、それをしない。
エンジン回転数は4年後の458のモデルチェンジで1万2千回転とかにするので
しょうか・・・もしくは、チャレスト&スクーデリア仕様がデビューする時までに
とっておくのかな(笑)。数年後にパワーもV8で600馬力達成?!
いつも詳しい分析とコメント有難うございます!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif