スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ガレリア フェラーリ/Galleria Ferrari Vol.1

ガレリア フェラーリ/Galleria Ferrari Vol.1

「ガレリア フェラーリ」をご紹介します。
イタリア・マラネロにあるフェラーリミュージアムです。開館時は写真左のシグナルがグリーンに点灯。閉館時はレッドシグナルに変わります。館内には色々と歴代のF1マシン、エンジン、ロードカーなど沢山の車が展示されています。面白いのはF1マシンに乗り込みドライビングゲームができるマシンもありました。
P1010377a.jpg

Copyright/Photo:Unobello
赤いゲートをくぐり、正面入り口へ。大きな黒い跳ね馬がお出迎え。
P1010435a.jpg

中に入り、ここまでは入場無料です。カフェも利用できます。この日は数名のロシア人とフェラーリの従業員がなぜか数人。フェラーリ、とにかくフェラーリに染まることができました。
P1010437a.jpg

このようなマシンが2台置いてあり、F1マシンに乗り込んでドライビングゲームができます。これ、試しに乗り込んでプレイしてみたのですが、乗り込むのが本当に大変です。F1コックピットの狭さに驚き、これでレースを戦うのは尋常じゃない。一緒にロシア人の方とプレーしたのですが、彼は体が大きな為、乗り込んで「狭さに耐えられない!」とギブアップ。このマシン、ゲームと思って馬鹿にできません。ステアリングを切るとタイヤもちゃんと動き、ステアリングのディスプレイも表示されます!詳細はまた後日アップします。
P1010439a.jpg

入場するとまずは歴代のF1マシンが20台ほど置いてあります。
P1010447a.jpg

サーキットのフェラーリピットやピットレーンにあるモニターなどが再現されています。サーキットの音やアナウンスが流れ、臨場感がありました。
P1010443a.jpg

モニターにはFIAの画像などがそのまま流れています。
P1010444a.jpg

これはピット内を再現したもの。最終的にはサーキットでこの赤いピットレーンに入りたいものです。
P1010456a.jpg

03年・日本GP、鈴鹿でミハエルが本選で使用したタイヤ。
P1010441a.jpg

F1マシンのテレメーターも公開されていました。モニターを見ているだけで楽しいです。マニアにはたまらないと思います。
P1010452a.jpg

これも昔のF1好きにはたまらないマシンだと思いますが・・・。1979年に完全制覇、傑作と云われたマシン「312 T4」です。 G・ビルヌーヴのマシン。
P1010455a.jpg

昔のマシンのコックピット内部
P1010457a.jpg

現代のフェラーリ・F1マシン(F2003-GA?)
P1010448a.jpg

これはミハエル・シューマッハのマシン
P1010462a.jpg

内部はモダン?!
P1010458a.jpg

生前、エンツォ・フェラーリが使用していた部屋を再現。ここで色々なアイディアが考えれたのでしょう。
P1010454a.jpg

Vol.2ではロードカー部門をご紹介。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。