パガーニ、ZONDAの後継は「C9」?

パガーニ、ZONDAの後継は「C9」?

ホラチオ・パガーニ氏が次期ZONDAの開発について話した。
赤い跳ね馬よりも美しく官能的な芸術品「PAGANI」。
zx17_20100125221643.jpg
次期ZONDAの後継モデルは「C9」と呼ばれており、今年末にデビューするとの噂である。エンジンはメルセデス(AMG)から供給を受け、6リッターV12エンジン。パワーは700ps、トルクが1000Nmと予想されている。
GBow6.jpg
パガーニ氏は「C9は全く新しいモデルであり、軽量、材質、エアロダイナミクスを一新。3770ものパーツは全て新設計。カーボンチタニウムのシャシーも素晴らしく、電機系はボッシュと共同で開発、タイヤも特別にピレリと共同で開発した。そして、良い知らせとしてはアメリカの衝突安全基準、カリフォルニア州の厳しいエミッション規制もパスしている」。生産は年間に40台を予定。ベース価格は日本円で約1億円から。現行モデル、ゾンダの生産は今年9月で終わるがワンオフで作られるゾンダRの受注は引き続き受け付ける予定。

<開発テスト車両>
GBow7.jpg

zx20.jpg

zx19_20100125221901.jpg

zx8_20100125221642.jpg

zx9a.jpg
何度も聴いてもゾクゾクするサウンド・・・。


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/01/27(水) 09:19:29コメントさん

どうも、こんにちは。
どの業界も本当に大変なんですね。車業界の出版だけでなく、紙媒体そのものが連鎖反応のようにバタバタとおかしくなっていますよね。各雑誌も内容はかなり様変わりしていくと思います。そして、広告も減って分厚かったページは減るが価格だけは一緒・・・。もう、世間はわざわざ800円以上とか払ってまで買わなくなっていますから。アメリカでも各新聞社のホームページは有料になるようで、今後無料の情報はなくなっていくのかも知れませんね。世の中、どんどん変わっていきますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif