Love Ferrari & Exotic cars (フェラーリの世界&高級車の最新情報):スティーブ・マックイーン&フェラーリ「250GT ベルリネッタ ルッソ」

C:
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

スティーブ・マックイーン&フェラーリ「250GT ベルリネッタ ルッソ」

スティーブ・マックイーン&フェラーリ「250GT ベルリネッタ ルッソ」

STEVE MCQUEEN with Ferrari 250 GT Berlinetta Lusso
fn49_20100419204139.jpg

某超高級ショッピングサイトで、フェラーリ 「250GTベルリネッタ ルッソ」が売りに出されている。
fn46_20100419204141.jpg
あのスティーブ・マックイーンも「250GTベルリネッタ ルッソ」に乗っていた。彼が所有していたモデルは1963年製の車両で2007年のオークションでは約2億4500万円で落札されている。今回の車両は1964年製で、約1.5億円で販売。オーナーはカーマニアでもあり、世界的に有名なオーケストラの指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン。ボディ色はシルバー、内装は赤。イタリア・モデナにあるレストア工房「ブランドーリ」がレストアし、コンディションは素晴らしいものだとか。250GTの中でも特別美しいモデル「250 GT Berlinetta Lusso」。
fn51_20100419204138.jpg
そして、マックイーンもポルシェ、フェラーリ、バイクが大好きだった。今、生きていれば80歳・・・。
fn47_20100419204141.jpg

fn88.jpg

fn50_20100419204138.jpg

fn48_20100419204140.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

カッコイイー

おはようございます。
見とれました。
さまざまな憧れが語り継がれ,積み上がって伝説になっていく・・・やはり,そういうクルマですよね。
でも気になるのは助手席に座った人たち・・・(主に女性)
マックイーン,カラヤン。
想像するだけで楽しいです。
ferrari magazine vol.6にあったジェーン・マンスフィールド(写真がイイです!),サミー・デイビスJr.&マイルス・デイビスも感動しました。
マイルスは音楽も生き様も「師」であります。
ミウラに乗っていてクラッシュ。大怪我をして「もうランボは二度と乗らんもんね,やっぱフェラーリがいい」と言ったマイルス。
憧れの人たちのこんな本音をもっと知りたいです。
Unobelloさん,機会がございましたら,お願い申し上げます。

anarchyさん

こんばんは!
クラシックのような伝説の・・・モデルはここ最近では出て
こないですね。そして、憧れの俳優が乗るフェラーリも今は
ないのかなぁ。確かに隣に乗る女性らも気になりますよね。
Ferrari Magazine、徐々に内容もセンスが良くなっていますよね。
やはり、音楽業界はジャンルを問わず様々な方々がフェラーリを
好み、乗っているんですね~。
是非、機会があれば色々と載せたいと思います!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。